試験勉強の方法と記憶術講座TOP > 勉強のQ&Aコーナー > 勉強は朝と夜、どっちが効率的?〜どちらも一長一短が結論

朝と夜では、勉強効率が高いのは?

勉強は朝と夜、どちらが効果があるのか?・・・これはネット上でも盛んに議論されているところです。

 

結論からいえば、どちらにも長所があります。
要はその人の体調や体内リズム、好き好きといったところです。要は「勉強すること自体」が大切なのであって、やりやすい方法で行えばよいのではないでしょうか。

 

まずは勉強を朝にすることのメリットとデメリットから解説していきます。朝は1日のなかで、もっとも頭脳が冴えわたっている時間帯です。その状態は午前中ずっと持続します。

 

睡眠には、前日に海馬にたくわえられた情報を整理整頓する働きがあります。
ですから朝起きた時というのは、脳内が整理された直後であり、真っ白の純粋なキャンバスなわけです。人間でいえば、純粋無垢な幼児であり子供の年代です。

 

そのため朝に勉強することによって、記憶の干渉を受けずに、脳内にすんなりと情報を送り込んでいくことができます。目にするもの、耳にするものが新鮮に感じられます。そうなると海馬からシータ波が発生しやすくなります。その意味では、朝には暗記物が適しているかもしれません。

 

数学などの思考を要するものだと、まだ前頭葉が活性化していないので、頭がボーッとしたまま学習することになります。これでは質の高い試験勉強とはなりません。もし論理的思考を要する勉強をする場合でも、頭がまだ働かない起き掛けや早朝は避け、数時間たったあとのほうがよいでしょう。

 

朝の勉強は、催眠術といっしょです。
催眠術では前頭前野の働きを弱めた段階で、暗示の言葉を送り込みます。それと同じように頭がボーッとしていたほうが、暗記物は記憶しやすいわけです。

 

このように勉強は朝にするのか夜にするのか、どちらがいいかという議論では、上記のように朝は脳が整理された直後であり、しかも適度に前頭葉が鈍っているので、すんなり入っていくのです。

 

 


そのほか気分的な問題もあります。
早朝は誰もが寝静まっているときであり、周囲はまだ静寂につつまれています。夜のように面白いテレビ番組とか、誰かからの電話やメールといったものがありません。勉強だけに集中しやすいといえます。

 

また、できるだけ早い段階で、「やるべき勉強」を済ませれば、その日1日が楽になります。「やるべきことの3分の1を、すでに終えた」ということで、肩の荷を少しおろすことができます。あとは残りの3分の2をこなすだけです。

 

ただ朝の勉強には、デメリットもあります。
それは、時間がたつにつれて他の情報の干渉を受けやすいという点です。純白なキャンバスに情報を入力したものの、昼や夕方、夜に入ってくる情報によって上書きされる危険がつきまといます。

 

ですから朝に勉強したことは、夜にも再度、復習することが予防策になります。エビングハウスの忘却曲線によれば、たった1日で74%もの情報を忘れてしまいますから、1日の最後に朝やった内容を反復するということは、二重の意味でお勧めできます。

 

 


さて次に、勉強を夜行う場合のメリットとデメリットを考えてみたいと思います。夜に勉強することは、多くの人が実践しているのではないでしょうか。夜型の人の場合、遅い時間になるほど交感神経が優位になってきて、体温や血圧、免疫力が上がるので、むしろ夜の方が学習がはかどるものです。

 

ただ夜は仕事や学校などで、労力をかなり使っているので、なかなか勉強する気が起こらないデメリットがあります。また面白そうなテレビ番組があったりと、いろいろな誘惑があります。

 

そのような誘惑をうまくコントロールできる自信があり、なおかつ夜型の人は、朝よりも夜に勉強するほうがいいのではないでしょうか。夜は勉強したあとに睡眠に入るので、勉強したことが干渉をうけずに整理されやすいメリットがあります。

 

朝の勉強のように、2回学ぶという「2度手間」をすることもありません。
勉強して、すぐに深い睡眠に入る・・・これこそが本当の睡眠学習です。寝ながら英単語や歴史の年号を聴くことが、睡眠学習なのではありません。学習した直後に、深い眠りに落ちる、これこそがお金のかからない効率的な試験勉強です。

 

朝とは、また違った意味で夜は頭がボーッとしています。
朝は、まだエンジンがかかっていないからですが、夜は疲労によって頭脳が鈍ってきます。しかし、どちらも同じように前頭葉が機能低下しているときなので、暗記物に最適の時間帯です。

 

ただ夜は眠気が伴うことが多いので、できれば手を動かして英語の単語や漢字を書いたりするとよいのではないでしょうか。また眠気を追い払うには、立ったまま勉強したり、部屋を歩き回りながら英単語を覚えることが効果的です。

 

こうすれば足の筋肉からの刺激が脳を刺激し、眠気をふきとばしてくれます。しかも運動することによって、海馬からシータ波が発生して、記憶力を高めてくれます。

 

 


以上、朝と夜の勉強の長所・短所について見てきましたが、両方を同時に実践することは危険なので注意しましょう。夜遅くまで勉強している人が、巷で「朝勉がいいらしい」ということを聞き、「それじゃあ、自分もやってみよう」というのは危険です。

 

それでは睡眠時間が短くなり、睡眠中の記憶の整理が不十分になるからです。それでは覚えたいことも記憶に定着しなくなります。また寝不足状態がつづくと、ストレスホルモンのコルチゾールが増加し、血糖値や血圧を上げます。それが慢性化すると、内臓脂肪を増やし、ひいては生活習慣病にまで発展しかねません。

 

勉強は夜か朝かということは、一概には言えません。
どちらにもメリットがあります。もっといえば好き好きといえます。体内リズムが朝型の人は、朝勉のメリットを享受すればいいし、夜型の人は無理に朝型にする必要もないかと思います。夜にも学習のメリットがあるからです。

 

夜型の人が、「自分も、早朝に試験勉強をしてみたい」というのなら、まずは朝型の体内リズムにすることから始めましょう。夜型を朝型に変えるには、まずは起きる時間を徐々に早くしていきます。

 

最初は少し眠い日々が続きますが、だんだん早く起きれるようになり、そうなると約14時間後にメラトニンが分泌されてきて、眠くなってくるものです。なお朝起きたら、カーテンを思いっきりあけ、明るい空を眺めて、視交叉上核というところに光を送ると、体内時計がリセットされます。

 

 

 

■試験勉強の方法の極意とは?
>> 勉強の説明書〜【合格保証付】正しい勉強法を身につける方法